日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3507

景観・まちなみのこと

旧九州鉄道大蔵線 茶屋町橋梁

茶屋町橋梁

八幡東区茶屋町にある旧九州鉄道の大蔵線の茶屋町橋梁です。
明治24年(1891年)4月に開通された施設であるが、鉄道敷設当時の施設で残されている一つである。
赤煉瓦の小口を交互に5段積みにした弧型アーチ(尾倉町にある橋梁とほぼ同じ手法)。
概略
門司~黒崎間の鉄道敷設にあたり、経営効果の高い海岸沿いを計画したが、陸軍省の反対にあい、現在の小倉北区清水、八幡東区茶屋町を通り、大蔵川の両国橋付近からこの地を通り黒崎へ至る路線。
明治35年(1907年)に九州鉄道を国有化、翌41年(1907年)に戸畑線が本線昇格し、大蔵線は明治44年(1911年)9月に廃線となっている。

茶屋町橋梁

茶屋町橋梁側面

87感動!
94面白い
91役立つ