北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3538

歴史・伝承のこと

歴史的大工事

工事中です。

現在、門司港駅は保存修理工事が行われています。普通建造物の建替え工事であれば数カ月で終わるでしょうが、門司港駅は5年半もかかる予定だとか。歴史の重さを感じさせられます。工事完了後もデザインは元のままだそうです。歴史はまだまだ続きそうですね。

所々仮囲いが透明板に。歴史ののぞき窓。

95感動!
92面白い
101役立つ

コメント

19148大正3)年に、
現在の九州鉄道記念館付近にあった初代駅舎から
移転してきました。

当時の駅名は、「門司駅」です。

さあ、修復後は、どの時代の「門司駅」になるのでしょうね?
楽しみです!
  • 移転新築して間もないころです。屋根に時計がなく、広場に噴水もありません。
  • 昭和2年ごろ(大正末期) 時計があります。噴水もあります。
  • 昭和4年ごろ(昭和初期) 噴水が撤去されています。

関門河豚太郎 さん [ 2013-11-21 ]