北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3558

高塔山から見た若戸大橋

1991年頃撮影
昭和44年(1969)1月19日撮影
高塔山の展望台と言えば、若戸大橋がお約束です。橋自体も2車線から4車線になり、歩道もなくなってしまいました。かつて若松からの登り口にロータリーがあったんですが、知らない人もいるんでしょうね。ロータリーの側に大きな看板があり、若松うにの絵が描いてありました。ちなみに、吉永小百合主演の映画「玄海つれづれ節」で、若戸大橋の歩道を歩いているシーンがあります。