北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3558

若松北海岸

雨雲に覆われ、太陽の日差しを受ける機会が減りつつある
平成26年の6月上旬に、
夕方からほんの少しだけ、雲の合間に太陽が見えたので、
つい先日行ったばかりなのに、
再び、若松北海岸に足を運びました。
梅雨の合間の太陽なんて、
わずかで短い、ほんのひと時にもかかわらず、
周囲が金色に照らされただけでも、
うれしい気持ちになります。
そんな、気分で向かっていると、
意外にも、“シーズン”といわれる夏よりも
それ以外の季節に
砂浜から海を眺めていることが
多いことに気がつきました。
なぜなんだろう・・、って考えてみると、
梅雨になると、夏のはじまりが待ち遠しく、
夏が終わると、夏の出来事や思い出が恋しく、
結局のところ、
手が届かないものへ、
思いをつのらせているのかもしれません・・。
でも、そんなことに思いを馳せるひと時が、
私の小さなしあわせで、
楽しい時間かもしれないって、
そんなふうに感じました。