北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3552

赤とんぼ(森の湿地の近くにて)

秋の気配(グリーンパーク)

団栗(どんぐり:森の樹木の下)
初秋の蝉:ツクツクボウシの抜け殻
久々の青空の下、グリーンパークを歩いていると森の中では秋を感じます。
赤とんぼがひと休みするひとコマや、可愛い帽子をかぶった団栗(どんぐり)が森の樹木から音を立てて落ちてきます。でも夏の名残もあって晩夏から初秋の蝉が鳴いていて、木々の幹には時折ツクツクボウシの抜け殻がありました。
夏から秋へと変化するさまを、グリーンパークの森の中で見つけました。
赤とんぼはミヤマアカネでしょうか?羽の先が黒くて尻尾が赤い種類の。。名前はわからないけど、秋の色を感じました。ツクツクボウシの鳴き声に誘われるように、森の中を歩くと、可哀想になるくらい踏みつけてしまって・・ドングリがたくさん樹木から落ちて転がっていました。
日ごろの生活環境では味わえない、夏から秋へ変化していく様を、このグリーンパークの中で感じ取ることができました。