北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3558

高塔山からのお月様

平成26年9月8日、
中秋の名月といわれる
旧暦の8月15日が訪れました。
このまちは、朝から涼しい空気に包まれ、
やや肌寒い感じを受けましたが、
お昼頃になると、とっても厳しい暑さとなり、
夏のなごりを感じさせる空気に覆われました。
夕暮れが近づくと、
再び、涼しい風が流れ始めます。
午後6時を過ぎたころ、
東の空にふわりと浮かぶお月様。
意外にも大きい印象を受けます。
“スーパームーン”?って誰かが言っていましたが、
それのこと?それって何・・?
宇宙を軌道するお月様が、
地球に最も接近することによって、
最大の大きさで見えることのようです・・。
でも、スーパームーンと満月は、
翌日の9月9日とか・・。
難しいことは、わかりませんが、
この目で、このまちを照らす大きなお月様が
スーパームーンにも満月にも見えます・・。
まちを囲む広い水面に大きく反射し、
きらきらとかがやく、お月様。
なにかいいことあるといいなぁ・・。
涼しい風に包まれた山頂の展望台には、
たくさんの方々が、
わたしと同じように、
“月に願いを込めて”いるかのように感じました・・。