北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3538

歴史・伝承のこと

レトロ前の門司港駅

レトロ開発前の門司港駅

今でこそ観光地、重要文化財となった門司港駅。 レトロ開発の前は、今噴水のある駅前広場には、タクシー乗り場がありました。
また、現在潮風号が走っている「北九州銀行レトロライン」は、鹿児島本線と臨港鉄道で、田川から田野浦埠頭までセメントの原料となる「クリンカー」を運ぶ路線として活用されていました。

写真中央の貨物車は、「久リンカー」運搬専用の「ホキ」と呼ばれる貨物列車

234感動!
228面白い
242役立つ

コメント

 ベスト電器が旧門司三井倶楽部の場所にあったとは知りませんでした。驚きです!

 山城屋から門司区役所に向かう途中にあったのは記憶にあります。その前の時代なんでしょうね。

幸ちゃん さん [ 2012-07-18 ]

タクシー乗り場の右に西鉄バスの乗り場がありましたね。

このころ、「海岸経由」田野浦ゆき循環と「山手経由」田野浦ゆき循環のバスが
ありましたね。

写真の黄色の柵の右に門司港駅止の西鉄バスが停まっていることもありましたね。

1990年ごろには、今の旧門司三井倶楽部の場所に、
ベスト電器があったことを知っている人も少ないでしょうね。

関門河豚太郎 さん [ 2012-07-18 ]

駅前のタクシー乗り場も風情があって良いですね。でも、現在のほうが観光客には喜んでもらえるかも。改修後の駅舎も楽しみです。

shimojono さん [ 2012-04-25 ]