北九州市 時と風の博物館

*日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。
展示品・コメントを登録するには会員登録が必要です。

現在の登録件数

3517

歴史・伝承のこと

昭和 あの日あの時 ➈少雨・渇水

「ヘドロに参った川魚」紫川太陽の橋(中の橋)付近

昭和42~3年 此の年は少雨のため水不足がつづき給水制限が実施されました、高台では給水車が走り 団地では水の出る一階に並びました、工場では工業用水断水に備え空地に井戸を掘りました、紫川では水が澱み魚が酸欠のため多数打ち上げられました。

「高台は給水車」小倉北区

「団地はバケツの行列」

4感動!
0面白い
10役立つ