北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3552

帆柱ケーブル山麓駅♪

100億ドルの夜景へ続く道(帆柱ケーブル)

ケーブルカーはるか号★
スロープカー◎絶景が楽しめますよ!
驚く事なかれ!なんと、北九州市8年生の私、はじめて帆柱ケーブルを利用して、皿倉山頂へ行ってきました(^O^)/
北九州市でずっと暮らしてきた人からすると、驚かれる事かもしれませんが、よそ者は意外とこんなものなんです…汗
この博物館を知り、少しずつ、市内でいろんなところに出掛けるようになりました。
さて、今回の本題。
「北九州市は乗り物王国である!」というフレーズを耳にする事がしばしば。
それもその筈。たしかに、たくさんの乗り物が存在するまちですよね。知っている人がほとんどかもしれませんが、自分のように、北九州市初心者の方もいらっしゃいますので、「帆柱ケーブル」をご紹介。
さて、皿倉山頂に向かうには、帆柱ケーブル山麓駅から出発し、「ケーブルカー」「スロープカー」を乗り継いでいく事になります。大人もわくわくする旅程ですが、子どもには、この非日常的な乗り物がたまらない様子。うちの2歳児も目を輝かせていましたよ。
★帆柱ケーブルカー★
なんと、九州最長のケーブルカー。「山麓駅」から「山上駅」まで全長1,100m、標高差440m、最高傾斜28度、運転速度3m/秒~5m/秒にて、5分間程度で結ぶ。車両は2台、はるか号(黄)とかなた号(青)。この2台が、中間地点ですれ違います。
実際に乗ってみると、かなりの傾斜に感じます。また、「山上駅」付近から振り返った時に姿を現す眺望は、感動モノでした!
★皿倉山スロープカー★
「山上駅」から先は、皿倉山頂まで、スロープカーが繋ぎます。目指すは「展望台駅」。レール長159m、走行速度50m/分、片道約3分。
市街地の眺望を楽しみながら展望台駅を目指します。これは、かなり楽しい乗り物ですよ。